一般社団法人 奈良県三重県読売会(読売新聞販売店の会) Official Website

休刊日

【2017年】
1/2(月)、2/13(月)、4/10(月)、5/8(月)、6/12(月)、7/18(火)、9/11(月)、10/10(火)、11/13(月)、12/11(月)
※休刊日は変更になる場合があります

読売中高生新聞

読売KODOMO新聞

YC紹介

YC大和八木

橿原市土橋町203-3

TEL:0744-24-6049

配布エリア:大和八木駅、真菅駅を中心に橿原市北西部

取り扱い:読売新聞、日本経済新聞(真菅地区のみ)、奈良新聞、スポーツ報知など取り扱い

YC大和八木

大川 浩一 代表

 

未経験のまま飛び込んだ業界 「職場は楽しく」がモットー

大川浩一代表がこの業界に入ったのは平成11年のこと。それ以前は自動車のセールスマンとして働いており、配達はまったくの未経験。バイクも、この仕事に就いて、初めて運転したという。

「当時勤めていたYC香芝では、丹下代表(現近畿読売会副会長)に一から教えていただきました。今でもスタッフの自主性を重んじ、細かな口出しはしないよう心がけていますが、これは丹下代表を見習ってのことです」。

平成14年9月、YC下市の代表として独立。その後大淀にもエリアを拡大し、平成18年、現在のYC八木・真菅代表に就任した。一番気をつけていることは、スタッフが働きやすい環境づくり。

「職場は楽しく。それでこそ、読者の方に喜んでもらえる接客ができるんです」。

今は下市の頃から一緒に働いている栗山・中村両店長、新たに加わった井戸垣さんの3人に、ほとんどの仕事を任せている。毎月行うスタッフ会議では、新たな提案や意見がどんどん。明るい職場の雰囲気が、ここにも良い影響を与えている。

今後の目標は、3人を代表として独立させること。「3人とも仕事は十分こなせます。”企業は人なり“。人との関わり合いの大切さ、難しさを更に学んでもらい、すばらしいYCを作ってもらいたいです。」その経営哲学は、3人にも引き継がれるに違いない。

  • YC大和八木
  • YC大和八木
  • ▲店舗外観
  • YC大和八木
  • YC大和八木
  • ▲和気あいあいのスタッフ会議
  • ▲職場はいつも明るい雰囲気
  • YC大和八木
  • YC大和八木
  • ▲配達員は「読売防犯協会」のジャケットを着用
  • ▲ミニコミ誌の『月刊きらら』は近隣のお店や学校の行事など、地域密着の情報満載。まもなく第100号を迎えるロングセラーだ。