一般社団法人 奈良県三重県読売会(読売新聞販売店の会) Official Website

休刊日

【2017年】
1/2(月)、2/13(月)、4/10(月)、5/8(月)、6/12(月)、7/18(火)、9/11(月)、10/10(火)、11/13(月)、12/11(月)
※休刊日は変更になる場合があります

読売中高生新聞

読売KODOMO新聞

YC紹介

YC名張

三重県名張市鴻之台1-16

TEL:0595-62-1510

配布エリア:名張市全域

取り扱い:読売新聞、スポーツ報知ほか取り扱い

YC名張

上山 勲 社長

 

国家公務員から新聞販売業に転職

国立大学卒業、元建設省(現国土交通省)のキャリア出身という異色の肩書きを持つ上山社長。33歳の時に父親がガンで入院し、実家の京都へ帰らざるを得なくなったことにより、その肩書きを捨て、縁あってこの業界に入った。

平成3年、伊賀で独立。「当時伊賀の読売は、中部本社から大阪本社に移管されたばかり。部数も非常に弱かったので、苦労しました。読売には入れてもらえないスーパーのチラシを1枚もらってきて店で刷って入れたり駅で新聞を配ったり。寝ても覚めてもお客様に喜ばれることを考え、思いつくことは何でもやりました」。

940部、夫婦2人で始めた店だったが、上山社長の手腕で、20年たった今は、名張全体で約8000部、スタッフも70人になった。店は女性が7割。新興住宅が多い町なので、主婦のパートさんに活躍してもらっている。

そして今年から奈良県三重県読売会会長に就任した。「この業界は、やればやるだけ実績がついてくる。苦しいけれど楽しいですよ。各店代表のみんなが、悩みは互いに解決し合い、よき仲間であり、よきライバルであることを目指していきたいです」。

常に戦っていたい、満足したらそれで終わりと、自分を厳しく律する上山さん。自ら行動し、実績を作ってきたアイデアマンの上山社長が、業界に新風を吹かせるに違いない。

  • YC名張
  • YC名張
  • YC名張
  • YC名張
  • ▲事務を担当する皆さん
    お客様からの電話を受ける担当だけに、電話口で相手が見えなくてもニコニコ対応
  • ▲稲森店長(左)は上山社長を常にサポート。綿密な打ち合わせ
  • YC名張
  • YC名張