一般社団法人 奈良県三重県読売会(読売新聞販売店の会) Official Website

休刊日

【2017年】
1/2(月)、2/13(月)、4/10(月)、5/8(月)、6/12(月)、7/18(火)、9/11(月)、10/10(火)、11/13(月)、12/11(月)
※休刊日は変更になる場合があります

読売中高生新聞

読売KODOMO新聞

YC紹介

YC桜井朝倉台

桜井市朝倉台西8-108-70

TEL:0744-45-1913

配布エリア:桜井市外山〜初瀬

YC桜井朝倉台

藤本 秀樹 代表

 

当然のことを当然に 親子二代で読者をサポート

藤本秀樹代表が新聞業界に入ったのは、平成9年34歳の時。それまでは大阪の自動車部品メーカーに勤務していたが、父親の博義さんが昭和60年から代表を務める桜井の店を継ぐことになった。

前職は転勤が多く、これで家族と過ごせる時間が持てると喜んだが、現実は戸惑うことばかり。業界初心者で、人手も足りない。携帯電話もない時代、いつ電話がかかってくるか、いつ人が訪ねてくるかと気が抜けない日が続いたという。

当時は地域の他紙販売店の多くが店を閉めるなど厳しい状況。博義前代表が実践してきた「当たり前のことを誠実にこなす」姿勢を見習い、読者の対応、繋がりを大切にし、今ではスタッフ18人、24年目を迎える販売店となった。

「スタッフの見本となるように心掛けています」と藤本代表。実は少林寺拳法歴25年で、近畿学生大会2位の実力を持つ。2006年には淳子夫人と全国大会夫婦の部に出場、3人の子どもたちも有段者という拳法一家。拳法で鍛えた精神力と、家族思いの優しい人柄でスタッフをまとめ、地域に信頼される店作りが目標だ。

また、ミニコミ紙『ヨミーませんか』は今年10周年。すべて淳子夫人の手書きで、温かさの伝わる内容が好評を得ている。

  • YC桜井朝倉台
  • YC桜井朝倉台
  • ▲父親の博義さんと淳子夫人
  • YC桜井朝倉台
  • YC桜井朝倉台
  • ▲作業はとってもスピーディー
  • ▲夕刊配達
  • YC桜井朝倉台
  • YC桜井朝倉台
  • ▲'06年全国大会夫婦の部に出場
  • ▲学生時代の藤本代表